新潟薬科大学

応用生命科学部 特別選抜入試(学士、社会人)[応用生命科学科のみ]

特別選抜入試は、これまで他の分野の教育を受けた者や社会人経験を有する者であって、あらためて応用生命科学の分野を学ぶことを希望する者に対して、広く門戸を開放しようとするものである。
特別選抜入試(学士)の合格者については、本学入学前に他大学等で取得した単位(以後、「既修得単位」という)のうち本学の教育課程に照らし合わせて認定できる単位数が基準に達する場合に、2年次への編入学が認められることがある。

出願資格

学 士
  1. 学士の学位を有する者及び平成30年3月までに取得見込みの者
社会人 次のいずれにも該当する者
  1. 高等学校または中等教育学校を卒業した者及び平成30年3月までに卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者
  3. 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び平成30年3月31日までにこれに該当する見込みの者で、次の①~⑥のいずれかに該当するもの
    • ① 外国において学校教育における12年の課程を修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込みの者又はこれに準ずる者
    • ② 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込みの者
    • ③ 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者及び平成30年3月31日までに修了見込みの者
    • ④ 文部科学大臣の指定した者
    • ⑤ 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者及び平成30年3月31日までに合格見込みの者で、平成30年3月31日までに18歳に達する者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)
    • ⑥ 本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成30年3月31日までに18歳に達する者
  4. 平成30年4月1日現在で満24歳に達し、社会人としての経験を有する者
    (注)社会人としての経験年数は不問
  5. 合格した場合、入学することを確約できる者

入試日程

出願期間 試験日 合格発表日 入学手続期間
平成29年11月1日(水)
~11月14日(火)(必着)
平成29年11月18日(土) 平成29年11月21日(火) 平成29年11月21日(火)
~12月5日(火)
  • (注1) 特別選抜入試(学士)の合格者については、入学年次を審査するための2次面接を行う場合がある。この2次面接は、本学の教育課程に照らして認定できる既修得単位数に基づき、2年次編入学の可否について審査するもので、詳細は、合格通知の際に併せて通知する。
  • (注2) 特別選抜入試(学士)の合格者で入学年次の審査をするための面接を行う場合は、入学手続期間を別に定めることがある。

入学検定料

22,000円

選抜方法

入学者の選抜は、小論文、面接及び出願書類により行い、それらの結果を総合して合格者を決定する。

学科 教科・科目と出題範囲 時間
応用生命科学科 小論文 読解力、論理的思考力、構想力及び文書表現力を見る。
出題された文章(資料、図、表等を示すことがある。)を読み、設問に従って、800文字以内で論述する。
70分

小論文試験出題範囲について

応用生命科学科

高等学校の学習一般を前提とし、生命科学分野(特に食品・農・バイオ・環境についてのサイエンス)に関する諸問題を基に出題します。読解力、論理的思考力、構想力及び文章表現力について総合的に評価します。2つのテーマの中から1テーマを選択し、出題された文章(資料、図、表等を示すことがある。)に関して800字以内の論述を課します。

試験場

入学手続納付金

900,410円

特待生制度

特別選抜入試(学士、社会人)に合格し入学手続を完了した者は、一般入試I期の入学試験及びセンター試験利用入試A日程を利用した特待生試験を受験することができる。詳細は、こちらを参照。

※入試の詳細については、必ず2018学生募集要項でご確認ください。資料請求はこちら

お問い合わせ先

〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 入試課
TEL:0120-2189-50 (土日祝を除く、平日9:00〜17:00)
FAX:0250-28-5350

入試情報

< /body> < /html>