新潟薬科大学

薬学部 学費減免制度

学費減免制度対象入試区分と免除金額

一般入試(I期)、特別選抜入試(学士・後期)の受験者を対象
減免額 対象者(学費減免試験の結果)
入学初年度の納入金のうち 2,100,000円 成績上位 1位~25位
入学初年度の納入金のうち 450,000円 成績上位 26位~85位
センター試験利用入試(A日程)の受験者を対象
減免額 対象者(学費減免試験の結果)
入学初年度の納入金のうち 2,100,000円 成績上位 1位~25位
入学初年度の納入金のうち 450,000円 成績上位 26位~85位
推薦入試および特別選抜入試(学士前期・社会人)の合格者を対象

手続きが必要、II期入試を利用し、受験料無料

減免額 対象者(学費減免試験の結果)
入学初年度の納入金のうち 2,100,000円 成績上位 1位~25位
入学初年度の納入金のうち 450,000円 成績上位 26位~85位

学費減免試験は、一般入試(I期)と同じ日時に、同じ会場で同じ問題を用いて実施します。一般入試(I期)の受験者は自動的に「学費減免試験」の受験者として扱われますので、特別な申請は不要です。なお、推薦入試(一般公募制・指定校制)および特別選抜入試の合格者は、別途申請により受験する事が可能です(申請方法等の詳細についての案内は合格通知に同封します)。

上記の学費減免試験受験者のうち、上位25位までの成績を修めた入学者に対し、入学初年度の授業料と施設設備資金の合計210万円を全額免除します。また、学費減免試験の成績上位26位から87位までの入学者については、入学初年度の施設設備資金の半期分45万円を免除します。

学費減免試験

一般入試(Ⅰ期)及び特別選抜入試(学士・後期日程)の受験者を対象とした学費減免試験

一般入試(Ⅰ期)又は特別選抜入試(学士・後期日程)に出願することで自動的に学費減免試験に組み込まれる。別途手続は不要。

学費減免の対象者(学費減免試験の成績上位者と減免額)について
  1. 成績上位25位までの合格者に対し、入学初年度の授業料と施設設備資金の全額(210万円)を免除する。
  2. 成績上位26~85位までの合格者に対し、入学初年度の施設設備資金の半額(45万円)を免除する。
試験日、試験場、試験科目・配点

一般入試(Ⅰ期)及び特別選抜入試(学士・後期日程)と同様

センター試験利用入試(A日程)の受験者を対象とした学費減免試験

センター試験利用入試(A日程)に出願することで自動的に学費減免試験に組み込まれる。

学費減免の対象者(学費減免試験の成績上位者と減免額)について
  1. 成績上位10位までの合格者に対し、入学初年度の授業料と施設設備資金の全額(210万円)を免除する。
  2. 成績上位11~30位までの合格者に対し、入学初年度の施設設備資金の半額(45万円)を免除する。
試験日、試験場、試験科目・配点

センター試験利用入試(A日程)と同様

推薦入試、特別選抜入試(学士・前期日程、社会人)に合格し入学手続を完了した者を対象とした学費減免試験

推薦入試(一般公募制、高大連携講座、指定校制)又は特別選抜入試(学士・前期日程社会人)に合格し入学手続を完了した者を対象とした学費減免試験は、一般入試(Ⅱ期)を利用して行う。

学費減免の対象者(学費減免試験の成績上位者と減免額)について
  1. 成績上位2位までの者に対し、入学初年度の授業料と施設設備資金の全額(210万円)を免除(入学後返還)する。
  2. 成績上位3~10位までの者に対し、入学初年度の施設設備資金の半額(45万円)を免除(入学後変換)する。
試験日、試験場、試験科目・配点

一般入試(Ⅱ期)と同様

出願手続

出願手続方法については、推薦入試又は特別選抜入試(学士・前期日程、社会人)の合格通知に同封する。一般入試(II期)の出願方法に準ずるが、調査書の提出及び受験料は不要。

その他

推薦入試、特別選抜入試(学士・前期日程、社会人)に合格し入学手続を完了した者全員、学費減免試験を受験することを推奨する。

お問い合わせ先

〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 入試課
TEL:0120-2189-50 (土日祝を除く、平日9:00〜17:00)
FAX:0250-28-5350

入試情報

< /body> < /html>