新潟薬科大学

大学院 応用生命科学研究科 概要

実社会で即戦力となる実践力を身につける
応用生命科学研究科応用生命科学研究科

大学院の目的は、「生命科学の基礎と応用」を研究し、その分野での実践力を身につけることにあり、特に「高度の専門性をもつ研究者や職業人を育成する」ことに重点を置かれています。すなわち、開拓者精神と起業精神に富み、かつ実社会に出て新しい商品や新しい産業を作るための即戦力になる人材を育成することを目指しています。

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的

応用生命科学研究科は、生命科学、食品科学、環境科学、薬科学、理科教育学の各分野における高度な研究能力を育成し、社会に貢献できる研究者、技術者、次世代を育成する教育者及び高度な専門性が求められる職業を担う人材を輩出することを目的とする。

博士前期課程

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本研究科は、所定の年限を在学し、所定の単位数を修得し、かつ修士学位論文の審査及び最終試験に合格した者に修士の学位を授与する。
前期課程修了にあたっては、学生が次の基準に達していることをもって学位を授与する。

  1. 生命科学、食品科学、環境科学、薬科学、理科教育学に関する高度な専門的な知識と技術を持っている。
  2. 外国語文献も対象とする情報収集力を持ち、情報の重要度を評価できる。
  3. 獲得した知識、技術、情報を活用する論理的思考力を持っている。
  4. 各自の研究課題に対する研究遂行能力だけでなく、他者と協調・協働的に研究を遂行して課題を解決する能力と継続力を持っている。
  5. 討議及び研究成果の発信に必要な表現能力、文章作成能力及びコミュニケーション力に優れている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学生は体系化された授業を受講するとともに、研究科のいずれかの研究室に所属し、指導教員の指導のもとに研究を行う。本研究科では、次の教育課程を編成・実施することで学生の能力の向上を支援する。

  1. 座学、ディスカッション及び教育臨床実習などを主体とした授業を受講することで、応用生命科学に関する専門的な知識を修得し、討議能力、学修指導力およびコミュニケーション力を養成する。
  2. 最新の論文の解説や外国語論文の輪読により、先端的な知識を修得すると同時に、研究に必要となる語学力を養成する。
  3. 学生が自ら発表するセミナー形式の授業を受講し、加えて研究成果を学会で発表することで、討議能力、プレゼンテーション力を養成する。
  4. 学生が各自の研究課題に取り組み、修士論文を作成することで、論理的思考力を身に付け、科学論文の作成法を修得させる。
  5. 各自の研究課題に取り組む過程で、研究計画の立案、研究遂行に必要な情報の収集と分析、研究手法の選択とその技術の修得、実験結果の分析と評価などを通じて、研究能力と論理的思考力を養成する。
  6. 産学連携プロジェクト、地域連携活動などへ参加し、多様な専門家との協調・協働を通して活動することの大切さを修得させる。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本研究科前期課程では、高度な専門的能力と深い論理的思考力をもった人材を育成し社会に送り出すために、次のような能力と意欲を持つ学生を積極的に受け入れる。

  1. 応用生命科学の専門分野を学ぶための基礎知識を有している者
  2. 生命科学、食品科学、環境科学、薬科学、理科教育学に関する専門的な知識と技術の修得を志す者
  3. 論理的思考力と研究活動の基礎を身に付けたいと望む者
  4. 身に付けた専門的な能力を社会に還元する意欲を持つ者
  5. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ姿勢を持つ者

博士後期課程

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本研究科は、所定の年限を在学し、所定の単位数を修得し、かつ博士学位論文の審査及び最終試験に合格した者に博士の学位を授与する。
後期課程修了にあたっては、研究内容が外国語の論文として学術雑誌に受理されること、及び学生が次の基準に達していることをもって学位を授与する。

  1. 生命科学、食品科学、環境科学に関する極めて高度に専門的な知識と技術を持っている。
  2. 課題を自ら発見し、研究戦略を立案し、柔軟な思考と深い洞察に基づいて研究を遂行することができる。
  3. 他者と協調・協働的に研究を遂行して課題を解決する能力と継続力を持っている。
  4. 研究者としての倫理観を持ち、研究成果を学術論文としてまとめる能力を持っている。
  5. 研究者としての幅広い素養と世界に向けて研究成果を発信する語学力を持っている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学生は体系化された授業を受講するとともに、研究科のいずれかの研究室に所属し、指導教員の指導のもとに研究を行う。本研究科では、次の教育課程を編成・実施することで学生の能力の向上を支援する。

  1. 体系化された授業を受講することで、高度な専門的な知識を修得し、討議能力、コミュニケーション力、語学力を向上させる。
  2. 学生が各自の研究課題に取り組み、博士論文及び外国語の論文を作成することで、科学論文の作成力を強化する。
  3. 各自の研究課題に取り組む過程で、研究遂行能力と論理的思考力を強化し、独力で課題の発見から論文発表まで行える研究遂行能力と成果を発信する能力を養成する。
  4. 産学連携プロジェクト、地域連携活動などへ参加し、異なる分野の専門家との協調・協働を通して活動することの大切さを修得させる。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本研究科後期課程では、生命科学の研究及びその応用で指導的な役割を担う人材を育成するために、次のような能力と意欲を持つ学生を積極的に受け入れる。

  1. 応用生命科学専攻分野での博士前期課程(修士課程)もしくはそれと同程度の知識と研究能力を持つ者
  2. 深い論理的思考力をもって研究活動を独力で行える能力を身に付けたいと望む者
  3. 身に付けた知識、技術、研究能力、情報発信力をもって指導的な立場で社会に貢献する意欲を持つ者
  4. 主体的に異なる分野の専門家と協働して研究を行う意欲を持つ者

関連リンク

学部・大学院