新潟薬科大学

応用生命科学部 応用生命科学科 特色

食品企業の研究、商品開発、品質管理、バイオ製薬企業の研究者・技術者、環境分析の技術者、小・中・高校の理科教員を育成。

応用生命科学科3つの特色

特色1 高校と大学のギャップを埋める「シームレス教育」

学生たちが高校から大学の学びにスムーズに移行し、年次進行に伴い専門性を深めていくことができるよう、独自の教育システム「シームレス教育」を実施しています。1年次教育では、入学後、新しい環境に対する緊張や不安の解消を目的としたフレッシュマンセミナーの実施やグループディスカッションに重点を置いた学習で、積極性と協調性を持って学習・生活する姿勢を身に付けていきます。

特色2 苦手科目をサポート!「生物学・化学」の基礎を固める

1年次から2年次までに、生命科学の基礎となる「生物学」「化学」を中心とした授業科目について講義や演習、実験を行いながら学んでいきます。途中でつまずくことがないように、1年次は学生の適性に合わせて基礎クラスを開講し、苦手科目を丁寧にサポートします。2年次では、適性別にクラスを編成し、授業を実施します。

特色3 充実した設備で1年次から様々な実験を行います

最先端の実験装置と充実した設備環境のもとで、1年次前期から3年次前期まで継続的に実験・演習を行い、「応用生命科学」の学びを修得します。

学部・大学院