新潟薬科大学

大学院 薬学研究科 概要

より深い薬学と医療の知識を修得するために
薬学研究科 薬学研究科

大学院薬学研究科では、薬学に関する広い視野を持ち、人類の健康や福祉のために中心的な役割を担うことができる人材の育成を目的としています。博士課程では研究活動が主体となり、自身の専門分野に関する研究動向などの情報収集、研究計画の立案および実施、実験結果の分析と考察、指導教員や関連分野の専門家とのディスカッション、さらには研究成果を学会や専門誌に論文として発表するプロセスを通して、問題発見・解決能力やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力の涵養を高度なレベルで行い、研究者として独立して活躍できる様な人材を育成しています。
また、幅広い薬学分野の最先端の知識を身につけるため、本学教員による講義や、学外から最先端の研究を展開している研究者を招いた薬学総合セミナーを開講しています。

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的

薬学研究科は、講義及び研究活動を通じて薬学分野における研究能力を培い、研究者及び医療薬学・臨床薬学分野における指導者を育成することを目的として、次の教育目標を定める。

  1. 創薬、薬物療法、保健衛生の分野において、自立できる研究者としての能力を培う。
  2. 医療、環境、食品衛生や人類の健康増進に貢献できる指導者及び医療行政に貢献できる人材としての素養を培う。
  3. 高度医療及びチーム医療を担うべく臨床能力に秀でた医療人としての素養を培う。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学薬学研究科博士課程は、次のような能力を身に付け、所定の単位を修得し、かつ研究活動の成果である博士論文をまとめ、学位論文審査及び最終試験に合格した者に対して、博士(薬学)の学位を授与する。

  1. 創薬、薬物療法、保健衛生の分野において、自立して研究活動を行うことができる。
  2. 優れたリーダーシップを発揮し、医療、人類の健康増進及び医療行政に貢献できる。
  3. 先導的な薬剤師に必要な資質を有し、秀でた臨床能力を駆使して高度医療及びチーム医療を担うことができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

薬学研究科博士課程では、基礎薬学、医療薬学、及び臨床薬学の各領域を包括した広い薬学領域を対象とした教育・研究を行うが、薬学研究科博士課程が目指す人材を養成するために、以下の考えに立って教育課程を編成する。

  1. 基盤となる豊かな知的学識を涵養する「特別講義」と、臨床現場において理論と実務を橋渡しする「特別授業」の二種の講義・授業科目を開講する。このうち「特別授業」は、座学だけでなく討論学習・演習などの能動的学習を組込んだ統合的な授業とする。
  2. 国際的に高い水準の情報に豊富に接することで、創造力、自己表現力及び研究者としての自立力を涵養する「特別演習」を開講する。
  3. 自ら博士論文につながるような研究活動である「特別研究」を開講する。
  4. 「医療」や「健康」と密接に関連する「食」や「環境」の化学を大学院教育の中で学べるように、応用生命科学研究科博士後期課程での開講科目「応用生命科学特殊講義」を、2科目2単位を上限として選択できる。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

薬学研究科博士課程は、本課程が養成を目指す人材像に沿った次のような資質を有する学生を受け入れる。

  1. 薬学分野に限らず、高度の専門的職業人として自ら研究テーマを発掘し、その研究意義を正しく位置づけ、研究計画を立案して実行していけるような、自立して研究活動を行える資質を有する人
  2. 医療に関する種々の問題に直面した時に、問題点を指摘できる深い洞察力とともに、問題解決・処理能力やマネージメント能力及びリーダーシップを発揮できるような資質を有する人
  3. 臨床能力に秀でた薬剤師として、高度医療及びチーム医療、更には地域医療を担っていける資質を有する人

関連リンク

学部・大学院

< /body> < /html>