学部・大学院

薬学部の概要

薬学はライフサイエンスに関する全ての分野を科学する学問です。
 皆さんの多くは、『薬学』=「くすり」というイメージを持つと思います。しかし、『薬学』では「くすり」だけを取り扱うわけではありません。私たちのからだや、身のまわりにある機能性食品、食品添加物、化粧品、洗剤などから自然毒や環境汚染物質まで、私たちの生命に関わるすべての化学物質を対象に「科学」する学問分野が『薬学』です。

 
薬学部は、基礎研究に基づく最先端の知識と高い倫理観とを併せ持つ医療人としての薬剤師を育成しています。

 『薬剤師』は「くすりの専門家」であるばかりか、患者さんの笑顔のために奉仕する、患者さんにとって身近な「医療人」です。 薬学部では、くすりを創る創薬科学や、くすりの働きとからだの機能を解明していく生命科学、人の健康保持に関する衛生薬学などの専門分野を学び、基礎研究を通して最先端の知識と論理的な思考力を身につけ「くすりの専門家」として必要な資質を育成する教育を行います。
 さらに、処方箋・副作用のチェックやくすりに関する情報の収集と提供など「医療チームの一員」として必要な臨床薬学分野の教育を行い、患者さんの健康を第一に考え、患者さんの「良い相談相手」となるような『薬剤師』になるための様々な教育を行っています。

より高度な職能を持つ薬剤師を育成するために。

 基礎研究に基づく科学技術のめざましい進歩によって、くすりや医療を取り巻く様々な状況は、日々、刻一刻と変化しています。この非常に早い世の中の変化に対応していくためには、大学で行う教育だけでは不十分であり、卒業後、社会に出てからも絶え間なく勉強し、最新情報を精査・収集しなくてはなりません。
 本学では、社会の第一線で活躍する『薬剤師』を対象に、最先端の医療に携わる医師・薬剤師・製薬会社研究員を講師に招き「卒後教育講座」を毎月開催するとともに、大学院薬学研究科「社会人コース」や「高度薬剤師教育研究センター」を設置し、社会で活躍する『薬剤師』の方々の研究・教育をサポートしています。
 新潟薬科大学は、現代社会が要請する『薬剤師』の育成だけでなく、近未来医療社会のリーダーとなる『薬剤師』の育成に全力を注いでいます。

オープンキャンパス 生命科学講座 健康自立講座in長野 化学塾 応用生命科学部公式ブログ

このページのトップへ本文プリント
PC版サイト
スマートフォン版サイト