News&Topics

本学・理化学研究所・ニース大学の共同研究チームが、「精子から新タイプの小さな機能性RNA分子の発見」を発表しました。

平成24年9月13日(木)、本学応用生命科学部の川野光興助教(遺伝子発現制御学研究室)と独立行政法人理化学研究所の川路英哉氏、ニース大学のValérie Grandjean研究員、Jafar Kiani研究員、Minoo Rassoulzadegan教授の共同研究チームは、精子から新タイプの小さな機能性RNA分子を発見しました。これにより、精子の中には次の世代で働くRNAが存在しており、ゲノムDNA以外の物質も情報伝達物質として用いられている可能性が示唆されました。

※詳細はリリース文書をご覧ください。
リリース文書

※平成24年9月19日(水)の日経産業新聞(7面)にて、本件に関する記事が掲載されました。

【発表者】

川野 光興
(独立行政法人理化学研究所 オミックス基盤研究領域 研究員(当時)、北海道大学大学院歯学研究科 口腔健康科学講座 助教(当時))新潟薬科大学 応用生命科学部 助教

川路 英哉
(独立行政法人理化学研究所 オミックス基盤研究領域 小分子RNA解析連携ユニット ユニットリーダー)

Valérie Grandjean
(Inserm, U636, Nice, France, Laboratoire de Ge´ne´tique du De´veloppement
Normal et Pathologique, Universite´ de Nice-Sophia Antipolis, Nice, France 研究員)

Jafar Kiani
(Inserm, U636, Nice, France, Laboratoire de Ge´ne´tique du De´veloppement Normal et
Pathologique, Universite´ de Nice-Sophia Antipolis, Nice, France 博士研究員)

Minoo Rassoulzadegan
(Inserm, U636, Nice, France, Laboratoire de Ge´ne´tique du De´veloppement
Normal et Pathologique, Universite´ de Nice-Sophia Antipolis, Nice, France 教授) 

お問い合わせ先 

新潟薬科大学 応用生命科学部 遺伝子発現制御学研究室
助教 川野 光興(かわの みつおき)
Tel:0250-25-5124 Fax:0250-25-5021
E-mail:mkawano@nupals.ac.jp

最新の記事


カテゴリ


月別のアーカイブ


過去の記事



検索


購読する このブログを購読

このページのトップへ本文プリント
PC版サイト
スマートフォン版サイト