新潟薬科大学

NEWS

国立ウィーン大学、オーストリア薬剤師会と連携協定を締結

1365年創立のドイツ語圏最古で最大の「国立ウィーン大学」と、欧州における薬剤師制度の象徴的な取り組みを行う「オーストリア薬剤師会」とともに、本年10月に「新潟日報メディアシップ」(新潟市中央区)において医療・薬剤師制度及び生命科学をテーマとした「国際学術交流会」を開催することになりました。(詳細は、後日ご案内いたします。)

この学術交流会の開催及び両国が正式外交を開始してから今年で150周年の節目の年を迎えたことを記念し、2019618日(火)に、ウィーン大学と本学、オーストリア薬剤師会と本学との間で、それぞれ連携協定を締結しました。協定の内容は、10月の学術交流会の共同開催に加え、学生や教職員、さらには両組織が関係する薬剤師の方々同士の交流の推進が含まれるほか、ウィーン大学との間では本学の薬学部および応用生命科学部との国際共同研究への展開が先方より期待されているなど、一般的な連携協定とは一線を画するものとなります。

連携協定を基礎として、緩やかながらも息の長い関係の中で、教育面では学生の国際感覚の涵養を、研究面では国際的な学術交流の推進を、それぞれ目指していきます。

上記の内容は、日本経済新聞 電子版で紹介されました(2019.6.24日付)。
詳細はこちらをご覧ください。

「国立ウィーン大学との調印式」 (左:エッカー生命科学部長、中央:若林副学長、右:重松応用生命科学部長)

「オーストリア薬剤師会との調印式」 (左:若林副学長、右:エデルマイヤー会長)

お問い合わせ先

956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 学事課(国際交流担当)
TEL:0250-25-5000

2019/06/24

NEWS