信頼されるプロになる。

プロフェッショナルとは、何か。

専門知識や技術を持つだけでなく、
真に信頼される存在であること。

誠実さと真摯な態度で
相手の想いや課題に正しく応え、
叶えていく意志と力が、未来を変えていく。

私たちは、そう考えます。

新潟薬科大学は、
「信頼されるプロ」とは何かを問い続け、
地域と協働した教育・研究の実践的な取り組みを通じて
「貢献する力」を高め、
健康で自立した社会の実現に向けて、
「ひと」と「地域」を前進させていきます。

建学の精神

実学一体

「実」は実用、「学」は学問を意味し、学問探求とそれを実行実践していく実用は一体であることを認識し、
常にこの両者の両立、調和を図ることが重要である。

新潟薬科大学の理念

生命の尊厳に基づき、薬学及び生命科学両分野を連携させた教育と研究を通して、人々の健康の増進、環境の保全、
国際交流や地域社会の発展に貢献する高い専門性と豊かな人間性を有する有為な人材の育成とともに、
社会の進歩と文化の高揚に有益な研究成果の創出を本学の理念とする。

新潟薬科大学ビジョン(あるべき姿)健康・自立社会の実現を目指し「ひと」と「地域」に貢献する新潟薬科大学ビジョン(あるべき姿)健康・自立社会の実現を目指し「ひと」と「地域」に貢献する

第3次中期目標・中期計画(実行期間:平成30年度~平成32年度)詳細はこちら

教 育
  1. 本学の掲げる理念・目的やビジョンを実現するため、教育の内部質保証システムを構築し、恒常的・継続的に教育の質の保証と向上に取り組む。
  2. 入学前から卒業後までのきめ細やかな学生対応を行うことで、満足度の向上を図る。
  3. FD活動を通じて教育力の向上を図る。
  4. 大学ビジョンに掲げる「貢献力」を育むための特色ある教育メニューを提供する。
  5. 国際感覚を身に付けた学生を養成するために、国際交流事業を展開する。
研 究
  1. 大学ビジョンの実現を目指し、社会貢献に繋がる特色ある研究を展開する。
  2. 研究推進力の向上を図る。
  3. 国際交流への発展性の高い研究を推進する。
  4. 科学研究における健全性の向上を図る。
社会貢献
  1. 大学ビジョン及び社会的ニーズを基に社会貢献活動を充実させる。
  2. FD活動を通じて、社会貢献を展開するにあたり必要な知識等を身に付ける。
大学運営
  1. 本学の掲げる理念・目的やビジョンの実現に向けて、学長のリーダーシップの下、教職員が高い士気と一体感を持って活動できる環境を整備する。
  2. 本学の掲げる理念・目的やビジョンに基づく戦略的な広報活動を展開する。
  3. ハラスメント等の人権侵害の防止体制の強化を図る。
  4. 大学の教育研究の活性化を促進し、教育研究機関としての質を保証するために教育評価制度を実施する。
  5. 大学の財務状況を点検・評価し、改善に向けて取り組むための仕組みを構築する。
  6. 本学の財務基盤の強化を図る。