新潟薬科大学 受験生応援サイト

入試情報ADMISSION

入試のポイント

2020年度より大学入試が変わります。
変更点や特徴を理解して自分にあった入試を選びましょう。
それぞれの入試区分に対してどのような学生が向いているか、理解しましょう。

入試の特徴

総合型選抜

学修に対する意欲、目的意識などを総合的に評価します。これまでにどんなことを考え、どんな行動をしてきたのか、そして入学後、何を学びたいか、どんな活動に取り組みたいか、「新潟薬科大学でこれがやりたい!」という強い思いを持っている人におすすめです。

学校推薦型選抜

「指定校制」、「一般公募制」、「高大連携講座(薬学部は薬学入門講座)」があります。調査書や推薦書などの出願書類と面接の結果などから、能力、適性や学修に対する意欲、目的意識などを総合的に審査します。高校3年間、着実に努力してきた人におすすめです。

一般選抜
(個別方式、大学入学共通テスト利用方式)

一般選抜は、十分な受験準備を行い、これまでの学修の成果を思う存分発揮することができます。また、大学入学共通テスト利用方式は、その点数のみで合否判定を行います。確実に知識習得をし、学力試験において自分の強みを発揮できる人におすすめです。

Check!

Point 1
英語外部検定試験を活用できる!

一部の入学者選抜において、「英語」の4技能の評価を行うために、英語外部検定試験を活用します。
本学の指定する英語外部検定試験の等級・スコア等を有する受験生が、出願時に申請することにより本学英語試験の得点に「加点」、または「みなし得点」として換算します。

※英語外部検定試験成績の取得年月日は問いません (高校3年生以前に取得した成績も有効)。出願時に「成績を証明する書類(原本)」を提出してください。
※加点式は満点を上限として加点します。

英語外部検定試験
Point 2
主体性を評価します!

「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を含む「学力の3要素」をより多面的・総合的に評価するために、調査書を十分に活用します。
また、一般選抜(個別方式、大学入学共通テスト利用方式)については、これまでに「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関して活動・経験してきたことを、出願時に受験生本人から文章化したものを提出してもらいます。(字数:100字以上200字未満)

Point 3
本学の学びを事前に体験し、「学校推薦型選抜」の出願資格を狙う!

新潟薬科大学教育連携センター主催の「薬学入門講座」「生命科学講座」「食・環境ビジネス講座」を受講し、一定の基準を満たした方に修了証を授与し、学校推薦型選抜の出願資格を付与します。

Point 4
一般選抜(I期)は割引制度あり!

今年度より一般選抜Ⅰ期は2日間連続で実施します。両日ともに受験した場合には入学検定料の割引制度があります。自分にあったスケジュールで受験することが可能です。

入学検定料
Point 5
新潟県外サポート制度で
月額25,000円免除!

学校推薦型選抜受験者で「新潟県所在の高等学校出身者の方」全員が対象となるサポート制度です。月額25.000円(年間30万円)を給付します。地元を離れ、新潟で夢に向かって学ぶ皆さんを支援します。