新潟薬科大学

NEWS

「新型コロナウイルスのワクチン」に関して、本学古市泰宏客員教授が紹介されました。

9月1日(水)、東京新聞夕刊にて、新型コロナウイルスの変異株が広がる中、このワクチンメッセンジャーRNA(mRNA)の開発に本学古市泰宏客員教授が1970年代に発見した「キャップ」が大きな役割を果たしていることが紹介されました。

 古市客員教授は、mRNAが体内で働いていくことに欠かせない構造を発見しました。これがmRNAの先端にある「キャップ」という物質です。コメントの中で「細長いRNAを列車に例えれば、先頭で引っ張る機関車がキャップ。それがないとmRNAはタンパク質を作るために走り出せず、列車自体も壊れてしまう」と、わかりやすくコメントされました。

 掲載記事はこちら

お問い合わせ先

〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 広報室
TEL:0250-25-5000 (平日9:0017:00)

2021/09/07

NEWS