産官学連携推進センター

センターについて

概 要

新潟薬科大学 研究成果の普及と知的財産に関するポリシー [PDF]

新潟薬科大学産官学連携推進センターは、「社会のニーズと本学のシーズを結びつけ、広く地域産業界に貢献すること」を目的とし、以下の業務を実施しております。

(1) 産官学連携事業の企画及び実施に関すること。
(2) 外部機関等との共同研究及び受託研究の推進及び審査に関すること。
(3) 知的財産の創出・取得・管理・活用に関すること。
(4) その他産官学連携推進センターの利用に関し必要と認められること。

医薬品・健康食品・サプリメント食品の開発、機能評価、バイオ関連技術など、企業の皆様の「アドバイザー」として本学をぜひご活用ください。

ご挨拶

新潟薬科大学 産官学連携推進センター
センター長・教授 髙久 洋暁

新潟薬科大学はヒトの健康、地球の健康を科学し、食と薬そして環境領域に貢献するべく研究・教育・社会貢献活動を展開しています。 本学では「応用生命科学部」と「薬学部」からなる「生命科学系総合大学」として、特に「バイオ」技術を生かした生命科学研究を基盤に、産官学連携のもとに食品および医薬品の開発を進めてきています。その核として両学部からなる「新潟薬科大学産官学連携推進センター」を平成19年度に開設し、本学の知的資産や設備機器資産を学外の産業界や公立研究機関に有効に利用していただき、人々の健康志向や持続性のある環境資源の活用と環境保護など産業界や社会の多様なニーズに対応できる組織を目指しており、本学の社会的使命として「薬」「食」「バイオ」「環境」の領域に貢献できる産官学連携研究を推進して参ります。

組 織

スタッフ

薬・食・バイオ・環境のことなら、新潟薬科大学へお気軽にご相談ください!

企業の皆様の小さなご相談から、機能評価や研究の委託、講師の派遣まで、「気軽に話せる研究室」をコンセプトに、多彩な研究者がご相談に応じます。

センター長(応用生命科学部 教授) 髙久 洋暁
センター担当教員(薬学部 教授) 久保田 隆廣
センター担当教員(薬学部 准教授) 福原 正博
センター担当教員(応用生命科学部 教授) 浦上 弘
センター担当教員(応用生命科学部 教授) 松本 均
センター事務長(事務部基盤整備課長) 中原 淑之
センター事務局(事務部基盤整備課係長) 廣川 泰士