入試Q&A

大学・学部について

新潟薬科大学の魅力はなんですか?
緑に囲まれたきれいで充実した設備、実験施設を有した大学です。新潟県初の私立大学として44年にわたり7,000名を超える卒業生を輩出してきた実績のある大学です。1年次からアドバイザー制度という担任制度があり、学生たちは学業だけでなく学生生活に関わることも相談できる先生がいます。また、研究室配属後は研究室の先生とともに研究に励むこととなり、身近に頼れる先生が常にいます。
本学は学生と教員との距離がとても近く、良い関係性が構築できることも魅力の一つです。
新潟薬科大学でしか学べないことはなんですか?
各専門分野に優れた先生方から、教科書等にもない最先端の内容も授業で学べることです。先生方の専門分野は、本学ホームページ「薬学部研究室紹介応用生命科学部研究室紹介」をご参照ください。
大学の雰囲気を教えて下さい。
豊かな緑に囲まれた新津キャンパス、駅近でおしゃれな新津駅東キャンパス、どちらも学習、研究、充実したキャンパスライフを送るのに十分な環境だと思います。そこで学ぶ学生たちも、学部の特徴もありますが、皆が目的意識を持って学業に取り組んでいます。同じように目標を持ち、充実したキャンパスライフを過ごしたいという方にとって、とても良い雰囲気を持った大学だと思います。
2023年開設予定の「医療技術学部」「看護学部」について詳しく知りたいです。
高校2年生の方が進学する年(2023年春)に、新たに「臨床検査技師」を養成する学部と「看護師」を要請する学部を開設する準備を進めています。本学のグループ校である新潟医療技術専門学校の2学科を発展させて新潟薬科大学の学部(4年制)にするよう計画中です。
新学部の説明会は、オープンキャンパスで行いますので、ぜひご参加ください「お申込はこちら」また、県内外で開催する出張個別説明会でも直接ご説明させていただきます「お申込みはこちら
勉強についていけるか不安です。サポート制度などありますか?
勉強上の疑問点や問題点、生活面での悩みなど気軽に相談できる体制を整備しています。アドバイザー制度は少人数ごとに一人の教員が担当します。細かいところまで目を配り、より丁寧な指導が可能となります。学生支援総合センターがあり、学習面、生活面、就職面等サポート体制も万全ですので、気軽に利用してください。
高校で専攻すべき科目はなんですか?
化学・生物を中心に基本的な内容の習得に努めてください。特に理科の履修状況は出身高校によっても大きく違ってきます。薬学部は、高校時代に履修していない科目に対して補講を行い、応用生命科学部では、各学生の習熟度に対してクラスを編成し授業を進めます。また、学修支援室や学修サポート制度を利用して学ぶことができますので安心してください。
化学が苦手なのですが大丈夫でしょうか?
大丈夫です。本学の入学者にも化学が苦手な先輩や高校時代に化学を履修していない先輩もたくさんいます。
薬学部は、高校時代に履修していない科目に対して補講を行い、応用生命科学部では、各学生の習熟度に対してクラスを編成し授業を進めます。また、学修支援室や学習サポート制度を利用して学ぶことができますので安心してください。
両学部とも、化学は重要な科目の1つです。総合型選抜、学校推薦型選抜等、早めに合格が決まった方は、入学されるまでに化学の基礎的なことを少しずつでも勉強しておくことをお勧めします。
文系の人でも薬学部、応用生命科学部に進学する事は可能ですか?
もちろん可能です。文系から進学をした先輩もたくさんいます。
薬学部は、高校時代に履修していない科目に対して補講を行い、応用生命科学部では、各学生の習熟度に対してクラスを編成し授業を進めます。また、学修支援室や学修サポート制度を利用して学ぶことができますので安心してください。
応用生命科学科と生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定の違いは何ですか?
応用生命科学部は、文理融合学部です。応用生命科学は、「生命科学」の知識を使って人類に役立つ技術を生み出す学問です。生命産業創造学は、「応用生命科学」に産み出された技術を使って新しいビジネスを企画、そして産業をつくる学問です。
応用生命科学科は食品、バイオ、環境、健康分野で活躍する技術職や「理科の楽しさ」を生徒に伝える理科教職を目指す理系学科です。
生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定は食品、農業、環境、健康などを始めとした分野で新しいビジネスを創造し、地域に貢献する人材を目指す文系学科です。
地域の人と一緒に取り組んでいる活動はありますか?
年間約160回の独自の公開講座を通して「地域の皆様の健康づくり」や「薬剤師の卒後教育」を全力でサポートしています。 また、地域全体を学びの場として捉え、学生による地域ボランティア活動や行事への参加を推進しています。2019年度は21のイベントに105名の学生が参加しました。
薬学部では「学生が住民から学び、住民が学生から学ぶ」という新しい教育方法も取り入れています。この教育では薬学生が社会・地域の一員となって、地域住民との絆、豊かなつながりを育みながら、大学で学んだ知識や技能を地域の方々の健康自立の向上に貢献させることを実践的に学習します。
応用生命科学部では、「キャリア形成実践演習」、「地域活性化フィールドワークⅠ、Ⅱ」の授業において、地域ボランティア活動、町おこし、地域企業との連携と活性化など、地域の方々と一緒に取り組んでいます。
高大連携講座を受講したいのですが、勉強しておいた方がいいことなど事前に準備しておく必要があることはありますか?
当日は大学の先生や学生たちが優しく丁寧に、スムーズに実験が行えるようサポートしますので、特に準備は必要ありません。対面講座とWEB講座が選ぶことができます。
新潟薬科大学の男女比はどれくらいですか?
薬学部は男子学生、女子学生、約50%です。
応用生命科学科は男子約60%、女子約40%、生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定は男子約55%、女子約45%です。
各学年のクラス、大学内の教室数は?
薬学部は各学年2クラス、応用生命科学部は各学年2クラスに分けています。40を超える講義室・実験室があり、これ以外にも研究室などもあります。ホームページのキャンパス案内をご参照ください「新津キャンパス案内」「新津駅東キャンパス

学生生活について

どんなサークルがありますか?
全学生の約6割がサークルに入っています。2つ以上のサークルに入ることも可能です。
体育系サークルでは、野球、硬式テニス、バスケットボール、バレーボール、バトミントン、ダンス、フットサル、日本拳法、登山、スキー・スノーボードなど。
文科系サークルでは、オーケストラ、合唱、コミック・文芸、災害ボランティアなど幅広いサークルがあります。詳しくは大学ホームページ「クラブ・サークル」をご覧ください。
学食にはどんなメニューがありますか?
定食や丼もの、ラーメン、うどん、日替わりカレーなど、おいしくて安い学食メニューです。ちなみに今日の定食Aは「飛騨牛コロッケとエビかつ」、定食Bは「鶏肉のカレーチーズ焼き」、定食Cは「秋野菜のポトフ」でした。
アルバイトをしている人はどのくらいいますか?
6割以上の学生がアルバイトをしています。
1日の時間割はどのような感じですか?
来年度時間割は次の通りです。授業時間数は曜日や学年、期によって異なります。
【新津キャンパス】9:00~18:00(90分×5限)
【新津駅東キャンパス】8:45~18:00(90分×5限)
本学ホームページ「2022年度授業実施方針について」をご参照ください。
県外出身者の学生の割合を教えて下さい。
薬学部では約3割、応用生命科学部では約2割の方が、県外高校出身学生です。
大学周辺アパートの家賃の相場はいくらですか?
大学の周りには多くのアパートがあり、2万円台後半から予算に合わせて選ぶことができます。大学周辺で一人暮らしをしている学生は多いですが、最寄り駅も徒歩10分と近く、駐車場もあるので大学から離れた寮やアパートからも通学しやすい環境です。
学生寮はありますか?
新潟駅から徒歩5~10分圏内に3棟の指定学生寮がございます。
どの寮も先着順となりますので、なるべくお早めに希望されることをおすすめします!(例年年内に埋まってしまう寮もございます)
オンライン内覧&相談会』も実施。ご自宅にいながら個別に詳しく寮のことを知ることができますのでお勧めです!
また、寮の雰囲気をわかりやすくまとめた『指定学生寮紹介動画』もご覧いただければと思います。

就職・進路について

卒業生はどんな職業についていますか?
薬学部は薬剤師として病院や保険薬局に勤務する方が多く、その他は製薬会社、化粧品会社、行政機関などへ就職しています。
応用生命科学科は食品企業やバイオ関連企業、環境コンサルタント、理科教職、などで技術職や研究職に就く方が多いです。生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定は食品企業、環境コンサルタント、農協、バイオ関連企業などで営業、企画、商品開発、マーケティングなどの分野で活躍しています。

学費・奨学金について

学費はいくらですか?
薬学部:年間210万円、応用生命科学科:年間150万円、生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定:年間120万円となります。(※いずれも授業料+施設設備資金)
詳しくは受験生応援サイトの「学費」をご参照ください。
奨学金制度について詳しく教えてください。
大学ホームページの「特待生・奨学金」をご参照ください。
日本学生支援機構や地方公共団体奨学金のご紹介がございます。
また、薬学部では最大で初年次の学費全額免除や応用生命科学部では最大で4年間の学費を半額免除する特待生制度などがございます。
2020年4月から経済的に支援する制度(高等教育の修学支援新制度)がスタートしました。ご自身の状況をシミュレーションすることができます。
(参考)進学資金シミュレーター
オープンキャンパスでも奨学金の概要説明や個別相談で詳しくご説明をさせていただきますので、ぜひご参加ください。「お申込みはこちら」 また、県内外で開催する出張個別説明会でも直接ご説明させていただきます「お申込みはこちら
入学後の奨学金について教えてください。
各学年の成績上位10名を特待生とし30万円の給付を行います。

入試について

1.総合型選抜試験について

総合型選抜試験の実施時期はいつですか?
薬学部薬学科は3月の1回、応用生命科学部は10月、12月、3月の3回実施します。
薬学部の選抜方法を教えて下さい。
面接、書類審査及び大学入学共通テストの成績利用です。
大学入学共通テストの利用科目は、物理、化学、生物、又は物理基礎、化学基礎、生物基礎の2科目合計の中から高得点1科目を自動的に選択します。
応用生命科学部の選抜方法を教えて下さい。
(応用生命科学科)

面接、書類審査及び選択試験です。
選択試験は、①英語外部検定試験の成績利用、②プレゼンテーション、③口頭試問(生物基礎又は化学基礎又は物理基礎)④実験、⑤大学入学共通テストの成績利用の中から1つ選択いただきます。

(生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定)

面接、書類審査及び選択試験です。
選択試験は、①英語外部検定試験の成績利用、②小論文に基づく質問、③大学入学共通テストの成績利用の中から1つ選択いただきます。

※大学入学共通テストの成績利用は、後期で利用が可能です。利用できる科目はこちらから確認してください。

応用生命科学科の実験はどのようなことをやりますか?
「中和滴定」の実験を行い、実験後にレポートを作成いただきます。実験内容はこちらから確認してください。
応用生命科学科のプレゼンテーションはどのように実施しますか?
出願時に申請していただいたテーマに基づきプレゼンテーションを行っていただきます。詳細はこちらを確認してください。
総合型選抜試験前期で不合格になった場合でも学校推薦型選抜試験は受験できますか?
総合型選抜試験前期以降の入試であれば、受験することが可能です。

2.学校推薦型選抜について

指定校制以外に入試制度はありますか?
一般公募制、高大連携講座があります。
高大連携講座の入試の特徴を教えて下さい。
本学が開講する高大連携講座を受講する出願資格が与えられる入試です。全体の学習成績の状況が不問となり、面接、書類審査及び学力検査1科目で受験が出来ます。本講座は事前に本学の学びが体験でき、出願に関わらず中学生から高校3年生まで受講することができます。
お申込みはこちらから。
一般公募制の学力検査の受験科目を教えて下さい。
(薬学部薬学科)

理科(化学・化学基礎)と、数学又は英語の1科目選択です。科目は出願時に選択いただきます。(専願制は理科のみ)
※理科は1.5倍の傾斜配点としています。

(応用生命科学科)

数学ⅠA・ⅡB、英語、化学基礎、生物基礎、小論文の中から1科目選択です。科目は試験当日に選択いただきます。

(生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定)

数学ⅠA、英語、小論文の中から1科目選択です。科目は試験当日に選択いただきます。

一般公募制と高大連携講座は併願できますか?
学校推薦型選抜試験の一般公募制と高大連携講座は同日に試験を実施しますので、どちらか一方に出願していただくことになります。
『小論文』はどのような試験ですか?
高等学校の学習一般を前提とし、読解力、論理的思考力、構想力及び文章表現力について総合的に評価します。出題された文章(資料、図、表等を示すことがある。)に関して論述してもらいます。
参考までにこちらの過去問題を確認してください。
学校推薦型選抜の学力検査の過去問題はありますか?
こちらのページに公開しております。応用生命科学部の小論文以外の科目は薬学部の過去問題を参考にしてください。
特待生試験にチャレンジすることは可能ですか?
可能です。総合型選抜前・中期や学校推薦型選抜試験で合格し入学手続きをされた方は検定料が無料でチャレンジすることが可能です。申し込み方法等の詳細については、合格通知に同封します。
口頭試問はどんな内容ですか?
各学科が設定する科目の範囲の中から、基礎的な内容について口頭試問を行います。高等学校で習う基礎的な内容ですので、安心してください。口頭試問を通して「知識」の他に「思考力・表現力・判断力」を評価します。

3.一般選抜試験(個別方式)について

新潟以外の試験会場はありますか?
新潟以外でも下記の試験場があります。(全学部同じです)
(Ⅰ期A・B日程)

長岡、上越、山形、秋田、仙台、郡山、長野、高崎、富山、東京

(Ⅱ期)

仙台、長野、東京

(Ⅲ期)

東京

一般選抜試験Ⅰ期は両日受験することは可能ですか?
可能です。入学検定料1日受験:33,000円ですが、両日受験する場合は2日間で39,000円となり、27,000円割引きとなります。
応用生命科学部のベスト2方式はどんな仕組みですか?
入試科目として3科目ありますが、その中で高得点の2科目を自動的に採用しています。2科目だけの受験も可能です。英語の外部検定試験の成績を利用する場合は、英語を除く1科目でも受験が可能です。もちろん、英語の外部検定試験の成績を利用する場合であっても、本学の英語を受験しても構いません。その場合は、みなし得点と本学の英語の得点の高得点を採用します。
主体性の評価はどのように行いますか?
出願時にこれまでに「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」に関して活動・経験してきたことを、100字以上200字未満で記載いただきます。

4.大学入学共通テスト利用方式について

大学入学共通テストで複数学科の併願はできますか?
各日程において、応用生命科学科と生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定の2学科併願が可能です。2学科併願の場合は入学検定料が32,000円から10,000円割引となります。
※薬学部と応用生命科学部の併願割引はありません。
応用生命科学科のB(S)日程の特徴を教えて下さい。
理数が得意な方におすすめの選抜方法になります。数学Ⅰ・数学A及び数学Ⅱ・Bの2科目合計、物理、化学、生物、地学の中から高得点1科目を200点に換算します。数学又は理科のうち高得点を自動選択し、もう一方を50点に換算し、英語の50点の計300点で判定を行います。

5.入試全般について

インターネット出願以外に出願方法はありますか?
インターネット出願のみとなります。
合格発表の掲示はありますか?
インターネット上での合否発表のみとなります。合格者に対しては、合格通知を別途発送いたします。
英検の準2級を取得していますが、何か利用できますか?
利用可能です。薬学部では従来型の英検準2級を取得していれば、学校推薦型選抜や一般選抜試験の英語の成績に満点を超えない範囲で5点加点します。
応用生命科学部では、外部検定試験の成績について「みなし得点」として利用できます。
利用できる入試区分や詳細については、こちらを確認してください。
入学検定料の割引きはありますか?
下記のとおりです。
(薬学部・応用生命科学部共通)
・一般選抜試験A日程・B日程を両日受験 66,000円⇒39,000円(27,000円割引)
また、被災された志願者の方に対しては、災害特例措置を設けており、入学検定料等を免除しております。詳しくはこちらをご確認ください。
(薬学部)
・一般選抜試験A日程またはB日程+大学入学共通テストA日程の併願 49,000円⇒39,000円(10,000円割引)
・一般選抜試験A日程・B日程を両日受験+大学入学共通テストA日程の併願 82,000円⇒45,000円(37,000円割引)
(応用生命科学部)
・大学入学共通テスト各日程において応用生命科学科と生命産業ビジネス学科 2023年4月生命産業創造学科から名称変更予定の2学科併願 32,000円⇒22,000円(10,000円割引)
入学検定料の支払い方法を教えて下さい。
コンビニまたはクレジットカードでの支払いが可能です。インターネット出願において、入金が確認できると出願書類のダウンロードが行えるようになります。
使用できる支払い機関は下記のとおりです。
(コンビニ)

デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア、ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ファミリーマート、セブンイレブン

(クレジットカード)

VIZA、Master、JCB、AmericanExpress、DinersClub

入学検定料の支払った領収書は同封する必要がありますか?
同封していただく必要はありません。大切に保管してください。
入学検定料の返還はありますか?
納入された入学検定料については、原則として返還いたしませんので注意してください。ただし、以下の事由による場合は申請により返還することがあります。
返還対象
①入学検定料を払い込み出願書類を提出したが、出願が受理されなかった場合
②入学検定料を二重または過剰に払い込んだ場合
申請方法については、こちらをご確認ください。
調査書は複数回受験する場合は、その回数分が必要ですか?
1度提出いただければ問題ございません。
新潟県外から進学を考えていますが何かサポートはありますか?
新潟県外出身者の方で学校推薦型選抜試験において入学される方全員に対して月額10,000円(年間12万円)の給付を行っております。
※支給期間 薬学部:最大72ヶ月、応用生命科学部:最大48ヶ月
受験の際にひざ掛けや座布団を利用することは可能ですか?
無地の物に限り、利用可能です。利用する際は必ず試験当日に試験監督者に確認をしてから利用してください。
疾病や障害等のために受験上の配慮を申請したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
受験上だけでなく、修学上の特別な配慮を希望される方は出願の前に入試課(0120-2189-50)へ相談してください。すべての要望には添えない場合もございますが、最大限配慮いたします。事前相談により、受験生の不利益となることは一切ありませんのでご安心ください。
外国の学校を卒業する予定ですが、出願はできますか?
学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定されている要件を満たしていれば出願が可能です。個別の入学資格審査により出願される場合には、出願の前に本学入試課までお問い合わせください。
外国の学校を卒業する予定ですが、出願はできますか?
学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定されている要件を満たしていれば出願が可能です。個別の入学資格審査により出願される場合には、出願の前に本学入試課までお問い合わせください。
2022学生募集要項はいつ頃に配布予定ですか?
学生募集要項は7月中旬頃配布開始予定です。
過去問題集はどこで見ることができますか?
過去問題集は、こちらからダウンロードが可能です。オープンキャンパスでは印刷したものを配布してます。
特待生入試について教えてください。
薬学部の特待生は初年次の学費が全額~1/4免除、応用生命科学部の特待生は4年間の学費が半額~1/4免除または、初年度の学費が1/10免除されます。参照「特待生制度
一般選抜試験(個別方式Ⅰ期)を特待生を選考するための試験として実施します。
総合型選抜試験や学校推薦型選抜試験等の合格者で入学手続きを完了している方は検定料無料で受験ができます。詳しい受験申込方法は合格通知に同封します。
入試の詳細はホームページ内「入試情報」をご参照ください。
出願時に出す作文と課題は、出願前に題材を知ることができますか?
出願前に学生募集要項で確認ができます。
2022(令和4)年度入学者選抜の作文や課題に関しては「学生募集要項」に記載してあります。