新潟薬科大学 受験生応援サイト

私たちの未来

和田 朋海
病院薬剤師
済生会新潟病院 薬剤部
薬学部(2014 年卒業)
和田 朋海
チーム医療に欠かせない 知識と行動力を伴う病院薬剤師として
新潟薬科大学を目指した理由
実家からの通学が可能なこと、就職も県内でと考えていたため、新潟薬科大学であれば、県内の就職情報も集まりやすいと思い入学を決めました。
現在の職種を目指したきっかけとお仕事の内容
急性期の現場で働きたいという思いがあったことや、薬物治療だけではなく、外科治療などの知識も身につけたかったこと、医師や看護師など他の医療従事者と連携して仕事をしていきたかったことなどの理由で現在の病院に就職を決めました。現在は専属の病棟担当薬剤師として、毎日患者様への服薬指導、医療従事者への情報提供や薬剤管理などを行い、よりよい治療を提供できるように働いています。
お仕事で役立っている大学での学び
大学で学んだほとんどのことが、現在の仕事で活かされていますが、特に大学生活の後半で研究室配属されてからは、理論的に物事を考え、それを整理して伝えることができるようになり、チーム医療に欠かせない能力を身につけることができたと感じます。

関連インタビュー