新潟薬科大学

NEWS

大学院生(薬学研究科)の研究が表彰されました。

9月27日~29日に、宮城県仙台市国際センターで開催された「第59回日本臨床化学会年次学術集会」において、大学院薬学研究科 博士課程2年生の清水美穗さんが「ヒト肝腫瘍細胞における乳酸菌ウオヌマ株の胆汁酸合成促進作用」の研究課題で学生シンポジウムに選ばれ、さらにトラベルグラントを受賞しました。
 
【研究内容】
新潟県で発見された乳酸菌が、胆汁酸合成を促進し、脂質異常症の治療や予防に有用であることを示した研究です。
 
59回日本臨床化学会年次学術集会ホームページ:
https://site2.convention.co.jp/jscc59/
日本臨床化学会ホームページ:
http://jscc-jp.gr.jp/?page_id=0
薬学部薬品分析化学研究室ホームページ
http://www2.nupals.ac.jp/labo/ph/analchem/archive/photo/post-6.html

お問い合わせ先

956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学
薬学部薬品分析化学研究室
TEL 0250-25-5000

 

2019/10/04

NEWS