新潟薬科大学

内部質保証の取組み

新潟薬科大学は、本学が掲げる理念・目的を実現するために、以下のとおり内部質保証の方針を定め、教育の質の保証及び向上に取り組んでいます。

新潟薬科大学 内部質保証に関する方針

新潟薬科大学は、学校法人新潟科学技術学園の建学の精神並びに本学の理念及び教育研究上の目的を実現するため、内部質保証に関する方針及び体制を次のとおり定める。

1.基本的な考え方

本学の理念・目的及び各種方針に基づき、教育研究活動等の状況について定期的に自己点検・評価し、その結果を改善に結び付けること(以下「PDCA」という。)により、恒常的・継続的に教育の質の保証及び向上に取り組むとともに、教育、学修等が適切な水準にあることを、本学自らの責任において社会に対し説明・証明するものとする。

2.実施体制

(1)内部質保証の推進に係る組織及び役割

ア 運営会議:内部質保証の推進における責任組織
「運営会議」は、本学の内部質保証の推進に責任を負う組織であり、学長、副学長、学部長及び事務部長によって構成する。「大学評価室」に本学の諸活動の点検・評価を付託し、その結果を受けて明らかになった課題に対する改善方針について協議し、学長がこれを決定する。この改善方針を中期計画及び年次計画並びに学内委員会等の活動計画等に適切に反映させることによって、教育研究活動等の全学的な改善・向上を着実に推進する。
なお、行政機関、認証評価機関等からの本学の諸活動等に対する指摘事項についても、同様に対応するものとする。
イ 大学評価室
「大学評価室」は、自己点検・評価をはじめとする本学の内部質保証の推進に関する企画の立案及び実施に関する総括を行う。自己点検・評価の実施を「自己点検・評価委員会」に指示し、その結果を検証し運営会議に報告するとともに、改善方針策定に資する提言を行う。
また、学長が定める改善方針を踏まえ策定された、具体の改善計画や中期計画及び年次計画等の実現のため、定期的に検証することにより進捗管理を行い、その結果を運営会議に報告する。
ウ 自己点検・評価委員会
「全学自己点検・評価委員会」は、大学評価室の指示の下、全学に亘る諸活動について自己点検・評価を実施し、大学評価室に結果を報告する。あわせて、学長が定める改善方針を踏まえて策定された、全学委員会等の各年度の活動計画の達成度を検証し、その結果を運営会議に報告する。
同様に、各学部・研究科(以下「各部局」という。)が設置する「各部局自己点検・評価委員会」は、各部局の諸活動について自己点検・評価を実施し、大学評価室及び各部局の長に結果を報告する。あわせて、学長が定める改善方針を踏まえて策定された、各部局に設置する委員会の各年度の活動計画の達成度を検証し、その結果を各部局の長に報告する。
エ IR室
「IR室」は、学内外のデータの収集及び分析を行い、自己点検・評価に際し必要なデータを提供するほか、運営会議における大学運営や教育研究活動等に関する方針策定及び意思決定に資するデータの提供及び提言を行う。
オ 外部評価委員会
「外部評価委員会」は、本学の自己点検・評価結果の客観性及び妥当性を担保し、かつ教育研究水準の更なる向上に資する必要な提言・助言を受けるために置くものとし、学長が任命する他大学教職員、地域社会、産業界、職能団体等の外部有識者を以って構成する。本委員会は、本学の内部質保証システムの適切性についても検証するものとする。

(2)運営会議(内部質保証の推進における責任組織)と各部局又はその他の組織との関係

各部局及びその他の組織(以下「各部局等」という。)の長は、各部局等において実施した自己点検・評価結果をもとに自律的にPDCAを回すとともに、学長により示される改善方針を受け、その方針に則して活動計画を策定し、教育研究活動等の改善・向上に努める。運営会議は、大学全体の取組状況を監理し、各部局等に対し必要な指示を与え調整を図るなど、それらの取組みを促進させるものとする。

(3)関連規程

内部質保証の基盤となる「点検」「評価」「改善」のプロセスは、以下の関連規程等に明記し、これに基づき行うものとする。
・「新潟薬科大学自己点検・評価規程」
・「新潟薬科大学自己点検・評価要項」
・各年度定める「新潟薬科大学自己点検・評価実施要領」

3.教育の企画・設計、運用、検証及び改善・向上の指針

各部局は、学科又は研究科の課程・専攻ごとに卒業認定・学位授与の方針、教育課程の編成・実施方針及び学生の受入れ方針に基づき教育を企画・設計の上、教育活動を展開し、その結果を学修目標に則して適切に点検・評価するものとする。その際、学生の学修成果や大学の教育成果に関する多様な情報を収集し、的確に把握・可視化した結果を、卒業認定・学位授与の方針の見直しを含む、次の教育の企画・設計に反映させ、改善につなげるものとする。

4.情報の公表

自己点検・評価結果をはじめ、本学における教育研究活動等の状況、学生の学修状況及び学修成果に関する情報、改善の進捗等について、ホームページや刊行物等を通じ、積極的に社会に公表するものとする。

5.内部質保証システムの点検・評価

本学は、内部質保証システムの適切性を検証するため、大学評価室において定期的な点検・評価を行うとともに、外部評価委員会による評価に付すことで客観性の担保に努めるものとする。

教育改善のための各種アンケート結果

大学案内