新潟薬科大学

NEWS

公益社団法人新潟県薬剤師会との包括連携協定を締結しました

新潟薬科大学と公益社団法人新潟県薬剤師会は、2月6日(木)、「公益社団法人新潟県薬剤師会と新潟薬科大学との連携に関する協定書」を締結しました。

協定書では、「両者が包括的な連携のもと、相互に協力し、地域医療及び地域社会の発展に関する貢献、並びに薬剤師の人材確保及びその育成に寄与する」ことを目的としており、薬剤師の職能の拡大や薬学教育、さらには地域医療への貢献といった多岐にわたる内容について、連携・協力していくことを確認しました。

<主な連携・協力事項>
○地域医療への貢献及び医療安全の確保に関すること。
○薬剤師職能を受け継ぐ次世代後継者の開拓・広報に関すること。
○薬学教育の充実(臨床実務実習、臨床系科目の授業担当、学術交流会等)に関すること。
○薬剤師の生涯学習及び社会人大学院進学の支援に関すること。
○国際交流に関すること。

締結式には、新潟県薬剤師会からは、佐藤宏之会長、荻野構一副会長、立川泰雄専務理事が出席し、本学からは、寺田弘学長、若林広行副学長、朝倉俊成副薬学部長が出席のもと執り行われました。
締結式で、佐藤会長は「両機関の協定締結が実現でき、嬉しく思います。これまで築いてきた関係をもとに、両機関の更なる発展につなげていけたら有難いです。」と述べました。一方、寺田学長は「医療における薬剤師の役割が期待されるなか、薬剤師の職能を発揮していくためには県薬剤師会と薬科大学との包括連携は有益であるので、薬剤師の社会人大学院への進学も含め、連携していきたいです。」と述べ、それぞれ期待感を示しました。

新潟薬科大学は、建学の精神(実学一体)に則り、本学の理念の実現に向けて、新潟県薬剤師会との包括的な連携によって教育研究のさらなる充実に取り組んでいきます。

固く握手する佐藤会長(左)と寺田学長

両機関の役職者による記念撮影

お問い合わせ先

〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 学事課
TEL:0250-25-5000

2020/02/06

NEWS