新潟薬科大学

NEWS

新津商工会議所と包括連携協定を締結しました

新潟薬科大学と新津商工会議所は、2月27日(木)、新津駅東キャンパス(新津まちなかキャンパス)において「包括連携協定」を締結しました。
協定の内容は、自然・環境、教育・文化、産業・地域活性化、まちづくり、国際交流、人材育成及び防災・減災といった幅広い内容について、両機関が連携するによって大学の存する地域社会の発展と人材の育成に貢献するものとなります。
締結式では、来賓の夏目久義・新潟市秋葉区長が立ち会われるなか、両機関の代表が、協定書に署名しました。そして、寺田弘・新潟薬科大学学長は協定締結の意義について、「新潟薬科大学が現在の新津地域に移転して以来、産業界からも地域住民の皆様からも、居心地の良いほどに温かく受け入れていただいています。新津商工会議所とは長年、地域経済の活性化に向けて共に取り組ませていただいており、本日を区切りとして、地域の課題解決に向けて新たな取組みを進めていきます。」と述べました。一方、前田正実・新津商工会議所会頭は、「新潟薬科大学の誘致により、まちなかが明るく、活気が出てきました。商工会議所が有する地域の生きた情報を提供することで、フィールドワークを重視した教育活動への協力や、学生増などに貢献できれば嬉しく思います。」と、期待感を述べました。
新潟薬科大学は、建学の精神(実学一体)の則り、本学の理念の実現に向けて、新津商工会議所との包括的な連携によって教育、研究及び社会貢献活動のさらなる充実に取り組んでいきます。

協定書にサインする寺田学長と前田会頭(右)

両機関の幹部職員による記念撮影

お問い合わせ先

956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 学事課
TEL0250-25-5000

2020/02/28

NEWS