新潟薬科大学

私立大学研究ブランディング事業

新潟薬科大学は、文部科学省の平成29年度「私立大学研究ブランディング事業」の支援対象校に選定されました。

事業名

健康を支援する地域産物のブランド化のコアとなる大学~地域農産物ブランディングプロジェクト~

事業概要

新潟県では農産物およびその加工食品製造・販売が産業の中心である。本学の生命科学領域における研究・教育の場において実践を通して地域の人々の健康を維持する役割を果たすことを目的として、この豊かな農・食品関連分野の充実に植物育種、食品加工、食品機能性評価などの分野のこれまでの本学の技術と経験を活かし、新しい品種の六条大麦や新潟特有の薬草のブランド製品開発などを通して健康に貢献する大学として活動する。

事業計画(事業内容・事業実施体制・年次計画)

平成29年度私立大学研究ブランディング事業計画書

進捗状況

2017年度の進捗状況
(別紙)2017年度 外部評価の結果

「私立大学研究ブランディング事業」とは

学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として全学的な独自色を大きく打ち出す取組を行う私立大学等に対し、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援するものです。
平成29年度は188件の申請校から、タイプA(地域の経済・社会、雇用、文化の発展や特定の分野の発展・深化に寄与する研究)33件、タイプB(先端的・学術的な研究拠点の整備により、全国的あるいは国際的な経済・社会の発展、科学技術の進展に寄与する研究)27件が選定されました。*本学はタイプAに選定されました。
文部科学省 私立大学大学研究ブランディング事業HP

大学案内