新潟薬科大学

薬学部 教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的

薬学部は、国民に信頼され、医療に貢献できる高度な薬学を修め、医療人たる崇高な倫理観と豊かな人間性をもち、地域における人々の健康増進や公衆衛生の向上に貢献するとともに医療の進展に資する研究心を有する薬剤師を育成することを目的とする。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

次のような能力を身に付け、所定の単位を修得した者に対して卒業を認定し、学位を授与する。

  1. 医療人たる崇高な倫理観と豊かな人間性をもち、医療に携わる使命感を有していること
  2. 医薬品を理解し、適正使用の礎となる科学力を有していること
  3. 医療福祉連携を推し進め、地域における人々の健康自立を支援する全人的能力(科学力・臨床力・対人力)を有していること
  4. 医療や福祉を取り巻く様々な課題に気付き、解決に導く論理的・科学的能力を有していること
  5. 最新の医療情報の収集等、自己研鑽に努め、生涯にわたって学修する態度・習慣を身に付けていること

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学位授与に要求される能力修得のために、次のような方針でカリキュラムを編成する。

  1. 「薬学教育モデル・コアカリキュラム」を基盤とし、基礎薬学から衛生薬学、医療薬学、臨床薬学に至るまで、学年進行とともに深化するような学習到達目標を設定する。
  2. 医療人たる倫理観と豊かな人間性の涵養を促す科目を配置する。
  3. 医薬品を理解し、適正使用の礎となるような科学を学修する薬学専門科目を配置する。
  4. 人々の健康自立を支援する上で必要な応用科学力や臨床力を修得する総合型授業科目を配置する。
  5. 問題発見・問題解決能力を修得する科目を配置する。
  6. 医療福祉連携を推し進め、地域における人々の健康自立を支援するための対人力を涵養する実践的科目を配置する。
  7. 対人力涵養の要となる幅広い視野を育成するための教養系科目を配置する。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 求める学生像
    薬学部が求める学生像は、次のような資質と意欲を有する者である。
    (1)将来、人々の健康自立を支援する医療人・薬学人として社会に貢献したいという強い志と情熱をもつ人
    (2)医療人として望まれるコミュニケーション能力の素質と豊かな人間性をもつ人
    (3)自然科学系分野の基礎学力を有し、より高度な専門知識を身に付けようとする強い学習意欲と科学的探求心をもつ人
  2. 入学前に修得が望まれる知識・能力
    高等学校各教科・科目全般について履修すること。特に、次のような基礎学力を身に付けておくことを望みます。
    (1)理科の基礎的な知識及びそれらを応用する能力
    (2)数学の基礎的な知識及びそれらを応用する能力
    (3)国語及び英語の基礎的な文章読解力、作文能力及びコミュニケーション能力

学部・大学院

< /body> < /html>