新潟薬科大学

NEWS

第25回環境化学討論会を開催

6月8日から10日に朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターにて、一般社団法人日本環境化学会の「第25回環境化学討論会」が開催されました。本学応用生命科学部の川田邦明教授が実行委員長を、小瀬知洋准教授が実行副委員長をつとめました。また、環境工学研究室が事務局となり応用生命科学部が開催に協力いたしました。この討論会は3日間で延べ1,200人程度が参加する国内でも最大クラスの環境系学会のひとつで、環境中の化学物質やそのリスクについて活発な討議がなされました。

この討論会で本学の2名の教員と6名の学生が発表を行いました。博士後期課程2年の鈴木まゆみさんが優秀発表賞(博士の部)を受賞しました。鈴木さんの発表"Characterizing Dissolved Organic Matter from Cattle Slurry in Kushiro River Water Using EEM-PARAFAC"は簡便な分光学的手法を用いて、河川水中の糞便汚染を評価する手法に関する研究で、安全で低コストな浄水処理法の進歩への寄与が期待される研究です。
http://www.j-ec.or.jp/conference/25th/index.html

お問い合わせ先

〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 応用生命科学部 環境工学研究室
TEL:0250-25-5000(土日祝を除く、平日9:00〜17:00)

第25回環境化学討論会

柴田康行日本環境化学会会長から表彰を受ける鈴木まゆみさん

第25回環境化学討論会

International Sessionにおける鈴木まゆみさんの発表の様子

2016/06/21

NEWS