新潟薬科大学

NEWS

本学客員教授の古市泰宏教授が、朝日新聞(科学の扉)に紹介されました。

2月8日(月)朝日新聞(科学の扉)「ワクチン、短期開発のわけ ウイルスのmRNA注射、変異にも即応可」に、本学客員教授の古市泰宏教授の記事が掲載されました。世界レベルでの新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えることが期待されている世界初のワクチンが「mRNAワクチン」。

1970年代にmRNAを安定に保ち、たんぱく質の合成に欠かせない「キャップ」構造を見つけた古市教授は、「mRNAワクチンには、数十年の科学の成果が詰め込まれている」と話しています。

掲載記事はこちら

お問い合わせ先

〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 広報室
TEL:0250-25-5000 (平日9:00〜17:00)

2021/02/09

NEWS