新潟薬科大学

キッズ&ジュニアサイエンススクール

『新潟薬科⼤学キッズ&ジュニアサイエンススクール』では科学実験を通して科学や薬学に対する興味や理解を深め⾃ら学び、⾃ら理解していくための知的好奇⼼を強化育成する体験型プログラムとなっています。
サイエンスのプロフェッショナルである本学教員の体験を通じてサイエンスの楽しさを発⾒し⽇々の学びに活かしていただけたらと思います。

参加特典
  • 各回参加者には修了証と記念品を進呈
  • 全3回参加者には『ヤッカダイ博⼠号』を進呈

⼩学⽣向け

対象:⼩学校1〜6年⽣ ※小学3年生以上向け
開催⽇:5⽉2⽇(⽇)、7⽉31⽇(⼟)、2022年1⽉9⽇(⽇)
時間:午前コース10:00〜12:00 午後コース13:30〜15:30
会場:新潟薬科大学 新津キャンパス
〒956-8603 新潟県新潟市秋葉区東島265-1
定員:各回15名
持物:筆記用具
参加費:無料
その他:小学校4年生までは保護者の方の同伴をお願いします。また、兄弟姉妹での参加も可能です。

体験プログラム
テーマ 「新型コロナウイルスってなんだろう」「ヒトの体の中をのぞいてみよう!」
内容 現在、世界中でもういをふるっている新型コロナウイルスについて、どんな病気なのか?しんだん法やワクチンについて紹介します。ヒトの⼈体もけいをつかって体の中はどうなっているのか、けんびきょうをつかって⾎液の中をのぞいてみたいと思います。
開催日 5⽉2⽇(⽇)
申込締切日 4⽉28⽇(⽔)
テーマ やくざいしの仕事を体験してみよう!
内容 やくざいしの仕事はどんなものか、実際に⼤学のもぎ薬局で処⽅せんを受け取ってからお薬を作って渡して説明する⼀連のやくざいしの仕事を体験します。さらに、薬と飲み物の飲み合わせについても実験を⾏います。また、病院や薬局以外のやくざいしの仕事についても学びます。
開催日 7⽉31⽇(⼟)
申込締切日 7⽉28⽇(⽔)
テーマ ⽜乳からキーホルダーを作ってみよう!
内容 ⽜乳とレモン果汁を使って⽜乳の中のたんぱく質を変化させてみたいと思います。たんぱく質が変化すると固まるので、その特性を使ってキーホルダーを作りたいと思います。
開催日 2022年1⽉9⽇(⽇)
申込締切日 2022年1⽉5⽇(⽔)

中学⽣向け

対象:中学校1〜3年⽣ ※小学6年生も可
開催⽇:5⽉3⽇(祝)、8⽉1⽇(⽇)、2022年1⽉10⽇(祝)
時間:午前コース10:00〜12:00 午後コース13:30〜15:30
会場:新潟薬科大学 新津キャンパス
〒956-8603 新潟県新潟市秋葉区東島265-1
定員:各回15名
持物:筆記用具
参加費:無料
その他:兄弟姉妹での参加も可能です。

体験プログラム
テーマ 「新型コロナウイルスってなんだろう」「ヒトの体内を観察しよう!」
内容 現在、世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルスについて、診断法やワクチンなどについて紹介します。また、ヒトの人体模型を使って体内の働きを探ってみます。また、顕微鏡を使ってヒトの血液細胞を観察します。
開催日 5⽉3⽇(祝)
申込締切日 4⽉28⽇(⽔)
テーマ 「薬剤師のお仕事体験」「薬と飲み物の相互作用」
内容 薬剤師の仕事を実際に大学の模擬薬局で体験し、服薬指導を行ってみます。服薬指導を行うときに患者さんから聞かれる薬と飲み物の相互作用について実験を行います。そして、病院や薬局薬剤師以外の薬剤師や薬に関わる仕事についても学びます。
開催日 8⽉1⽇(⽇)
申込締切日 7⽉28⽇(⽔)
テーマ ⽜乳とレモン果汁を使って自然にやさしいキーホルダーを作ろう!
内容 ⽜乳とレモン果汁を使って⽜乳の中のタンパク質を変性させてみたいと思います。たんぱく質が変性すると固まるので、それを使ってキーホルダーを作りたいと思います。このタンパク質の変性の仕組みを学び、これを応用することで自然にやさしいプラスチックを作ることができることを学びます。
開催日 2022年1⽉10⽇(祝)
申込締切日 2022年1⽉5⽇(⽔)

お問い合わせ先

新潟薬科⼤学⼊試課
〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
TEL:0120-2189-50

社会貢献