新潟薬科大学

修学支援の取組み

大学生活を円滑に送ることができるよう
さまざまな側面からの支援体制を整えています。

修学支援・相談窓口

学修サポート室

大学における学習方法をはじめとした質問・相談に、専属教員が学生個々の状況に応じて丁寧に対応します。苦手科目の個別指導など、学業における悩みを解消するための重要な施設となっております。学修サポート室はJ棟1階(図書館内)にあります。

学生相談ルーム

大学生活の中で生じた精神的な悩みの相談に応じるため、「学生相談ルーム」で専門のカウンセラー(臨床心理士)による心の健康相談を実施しています。 カウンセラーをはじめ相談に関わった人達には守秘義務があり、相談内容は外部に漏れないよう厳重に管理されます。また、一人一人の相談に適切に応じられるよう、学生相談ルームの利用は原則として予約制になっています。新津キャンパス、新津駅東キャンパスどちらにも完備しています。一人で抱え込まず、気軽に相談してみてください。


アドバイザー制度

アドバイザー制度本学では、勉学上の疑問点や問題点、生活面での悩みなど気軽に相談できるように、開学当初よりアドバイザー制度を設けています。 1~3年次の学生は、毎年4月、数名ずつからなるグループに編成され、本学の専任教員1名がそれぞれのグループのアドバイザー教員として就任します。少人数のグループごとに一人の担当教員がつくことで、細かいところまで目が届き、より丁寧な修学指導が可能となるよう配慮しています。苦手科目の克服法など成績に関する悩みから、将来の進路に関する相談、さらには生活・健康上の悩みに至るまで、内容の大小を問わず、どんなことでも相談に応じています。


ハラスメント防止への取り組み

本学では、所属する全ての学生・教職員等が、お互いの人格を尊重し、安心して学習・就労できるようなキャンパス作りを実現するため、ハラスメント防止委員会が設置されています。
本学ではこの委員会を中心に、アカデミック・ハラスメントやパワー・ハラスメントなど、あらゆるハラスメントの防止、および万が一ハラスメントが発生してしまった場合には、その対応や問題の解決に尽力しています。


ひとことBOX

ひとことBOX学生が快適に大学生活を送ることの出来る様な「学生のためのキャンパスづくり」を目指しています。 そうした活動の一環として、学生のみなさんが日頃感じている大学への意見、要望、疑問などを直接問い合わせることができる「ひとことBOX」を学生ホール(C棟カフェテリア前)に設置しています。


健康相談

健康相談ルーム

主に身体面の健康相談窓口です。ストレス等が原因の心身の不調相談も対応しています。


保健室

保健室学生の健康を管理するために、看護師・保健師が常駐しています。学内での負傷や軽い急病に応急処置をはじめ、健康上の不安などに関する相談に応じています。A棟一階にあります。


定期健康診断

4月に全学年を対象に健康診断を実施します。これは、身長・体重・視力等の計測や、胸部X線・尿検査などを行うもので、学校保健安全法により、年一回は必ず実施するよう義務付けられています。


安全への取組み

防犯対策

防犯対策学生の皆さんが安心してキャンパスライフを送れるように、出入口付近への防犯カメラの設置、カードキーを利用した夜間・休日の入退室管理システムの導入などを通じ、より安全・快適なキャンパスの実現を目指しています。


感染症拡大防止への取り組み

感染力の強い又は重篤な疾患の原因となる感染症について、学校保健安全法施行規則の基準に則り、医師の許可があるまで登校を制限し、感染の拡大を防止するための措置を講じ、危険な感染症の学内外への拡大を未然に防止するよう尽力しています。


学生教育研究災害傷害保険

実験、実習、課外活動など、大学生活の安全には万全を期していますが、万が一の場合に備え、本学では全ての学生が財団法人日本国際教育支援協会の学生教育研究災害傷害保険(Aタイプ+通学中等障害危険担保特約)に加入しています。保険契約内容の詳細については(財)日本国際教育支援協会のホームページをご覧下さい。

お問い合わせ先

〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 学生支援課
TEL:0250-28-5397/0250-28-5375(土日祝を除く、平日8:35~17:00)
FAX:0250-25-5021

学生生活

< /body> < /html>