新潟薬科大学

大学院 薬学研究科 教育課程及び履修要領等

薬学研究科は『基礎薬学領域』『医療薬学領域』『臨床薬学領域』からなり、それぞれの専門分野における担当教員がより高度で深い薬学と医療の知識や技能を教授します。

教育課程及び履修要領

本研究科の教育課程及び履修要領については こちら をご覧ください。

授業計画(シラバス)及び時間割

本研究科の授業計画(シラバス)及び時間割については こちら をご覧ください。

修了要件

博士課程を修了するためには、本課程に4年以上在学し、35単位以上を取得し、かつ必要な研究指導を受け、博士学位論文の審査及び最終試験に合格しなければなりません。ただし、優れた業績をあげた者の在学期間については、3年以上在学すれば足りるものとします。

研究指導計画

大学院に在学する学生一人一人に対し、指導教員は研究指導の方法や内容および計画を予め明示しています。
博士(薬学)の学位取得までのスケジュールは、概ね以下のとおりです。
※下記のスケジュールは、研究の進行状況等の事情により変更となる場合があります。

1年次
・主任指導教員及び副指導教員の決定(4月)
・主任指導教員との協議の上、研究テーマを決定(4月)
・研究指導計画書の作成(4月)
・実験・調査等の実施
・授業科目の受講
・学外成果発表の準備
 
2年次
・研究指導計画書の作成(4月)
・実験・調査等の実施
・授業科目の受講
・研究中間成果発表(2月)
・学外成果発表
・論文投稿の準備
 
3年次
・研究指導計画書の作成(4月)
・実験・調査等の実施
・授業科目の受講
・学外成果発表
・論文投稿
 
4年次
・研究指導計画書の作成(4月)
・実験・調査等の実施・まとめ
・授業科目の受講
・博士学位論文の執筆
・博士学位論文の提出(1月)
・主査・副査の決定(1月)
・博士学位論文発表会(2月)
・最終試験(2月)

研究指導計画書に関する申し合わせ
研究指導計画書(記入例)

学位論文審査基準

本研究科の学位論文審査基準については こちら をご覧ください。
論文審査申請に関する条件については、以下のとおりです。

審査申請時に、申請論文の主たる部分が、以下の条件を満たした論文となって、学会誌等に発表されている、もしくは掲載決定となりそのことを書面で証明できるものとする。

(1)申請者を筆頭著者としていること。ただし、筆頭著者が複数の論文に関しては、1を筆頭著者の数で除して編数に加算する。
(2)施行細則第9条に定める課程による博士学位論文審査の場合は、在籍中に1編以上

新潟薬科大学大学院博士課程課題研究の一覧

※一部変更になる場合があります。

系列 研究分野 研究室名 担当教員名 課題研究の概要
職名・学位 氏名
基礎薬学領域 医薬品化学 薬化学 教授・薬学博士 杉原多公通 医薬品の合成に応用できる高効率的分子変換反応及び新規なガス固定化反応の開発研究と新しい概念に基づいた医薬品の合成研究を行う。
医薬品素材学 生薬学 教授・薬学博士 渋谷雅明
※2
医薬品として期待される天然化合物の生合成に関する研究を行う。
医薬品物性学 薬品物理化学 教授・博士(学術) 星名賢之 光物理化学・量子化学計算に基づく新規化学反応の機構解明,および,広い意味での物理刺激による医療品物性や生体反応への影響の評価、分析法への応用研究を行う。
機能性核酸
分子治療学
機能性核酸分子治療学
(健康・自立総合研究機構)
教授・医学博士
准教授・博士(農学)
梨本正之
関 峰秋
がんやCOVID-19などに対する、TRUE gene silencingを基盤とした核酸医薬の開発、および診断・予後予測マーカーとなる血漿短鎖RNAの探索を行う。
医療薬学領域 医薬品作用学 機能形態学 教授・博士(歯学)
准教授・博士(理学)
山下菊治
岩田武男
転写調節因子ATF3を介した遠赤外線の腫瘍抑制機序、および肥満とその合併疾患の発症機序に関する研究を行う。
薬効薬理学 教授・博士(薬学)
准教授・博士(薬学)
前田武彦
川原浩一
オピオイド鎮痛薬をはじめとする慢性疼痛治療薬の薬理作用機序を解析し、新規作用機序の検索、新規疼痛治療薬の探索、並びに副作用を回避する新しい疼痛治療法の確立に資する基礎研究を行う。
病態生化学 生化学 教授・博士(薬学) 小室晃彦 抗ウイルス自然免疫に関わる分子の作用機構、ウイルスと宿主因子の相互作用の解明をめざし基礎研究を行う。
微生物学 准教授・博士(薬学)
准教授・博士(理学)
福原正博
山口利男
様々な環境条件下における各種細菌の生育検討ならびに薬剤耐性臨床分離菌株の遺伝子解析を行う。
健康衛生科学 衛生化学 教授・博士(薬学) 酒巻利行 がん細胞の増殖及び転移制御に関わる分子生物学的特性の解析を行う。
臨床薬学領域 臨床分析化学 薬品分析化学 准教授・博士(医学) 中川沙織 医薬品及び生体成分の高感度微量分析法の開発とその臨床応用に関する研究を行う。
臨床薬物動態学 生物薬剤学 教授・博士(薬学) 久保田隆廣

薬物感受性の個体差に起因する変異遺伝子を探索し、その表現型に及ぼす影響を解析する。ならびに臨床応用を目的に遺伝子差異を簡便かつ迅速に検出し得る試薬の開発を行う。

臨床薬物治療学 臨床薬物治療学 教授・博士(薬学) 若林広行※1 骨代謝疾患の発症予防と治療における生体概日リズムに基づいた時間薬物治療に関する研究を行う。生活習慣病の骨代謝への影響に関する研究を行う。消化器癌の時間治療に関する研究を行う。
病態生理学 教授・医学博士 青木定夫※2 遺伝子変異および特異抗原を用いた血液腫瘍の新たな診断法および高感度のMRD検出法の開発および特異的治療法の確立に関する研究を行う。
臨床薬剤学

臨床薬学教育研究センター

教授・博士(薬学)
教授・博士(医学)
教授・博士(薬学)
准教授・博士(薬学)

朝倉俊成
坂爪重明
継田雅美
齊藤幹央

糖尿病治療薬とデバイスの適正使用ならびに患者のQOL向上を目指した製剤開発と療養指導に関する研究を行う。

地域における耐性菌伝搬の要因を調査し感染対策と抗菌薬適正使用に関する研究を行う。

「※1」印の教員は2022年3月定年退職予定、「※2」印の教員は2024年3月定年退職予定

関連リンク

お問い合わせ

〒956-8603 新潟市秋葉区東島265番地1
新潟薬科大学 教務課
TEL : 0250-28-5371
FAX : 0250-25-5021

学部・大学院