新潟薬科大学

応用生命科学部 応用生命科学科 コース紹介

2年次後期から、食品科学、バイオ工学、環境科学、理科教職の4コースから選択し、実践的な知識を習得

食品科学コース

食品科学コース

食品に関する技術・知識を修得して、食品産業の発展に貢献する
食品の安全を守る技術、食品に含まれる人の健康を維持する栄養や機能、そして、優れた食品を生み出す製造・加工技術について学んでいきます。食品に関する科学的な知識や技術を身に付け、画期的な新商品開発に貢献できる人材を育成します。

ピックアップ/栄養科学
人々の身体に役立つ栄養素やその消化・吸収など体内での動き、そして食物繊維など生理機能成分について学び、健康における食生活の役割について理解を深めていきます。

バイオ工学コース

バイオ工学コース

生命科学を医薬品や植物育種などバイオテクノロジーに応用する
動物、植物、微生物の細胞、そして遺伝子やタンパク質などの生命を形づくる有機化合物について学んでいきます。生命科学をバイオテクノロジーに応用する知識や技術を身に付け、医薬品の製造や植物の育種など社会のために生かすことのできる人材を育成します。

ピックアップ/植物バイオテクノロジー
食用植物、園芸植物の繁殖や育種の方法、また、遺伝子組み換えなどを利用した品種改良とその安全性の評価について学んでいきます。

環境科学コース

環境科学コース

環境を測り、守る技術と環境にやさしいものづくり
環境を測定・評価し、その再生と保全を行う技術や廃棄物のリサイクルをはじめとする環境に負荷をかけない生産技術について学んでいきます。生物、化学とこれらの知識を基盤として、持続可能な社会の構築に貢献できる人材を育成します。

ピックアップ/環境汚染論
過去に起こった公害とその対策、今起きている環境汚染について学び、これから起こりうる環境問題について考えていきます。

理科教職コース

理科教職コース

理科の「おもしろさ」「楽しさ」を伝える
進化し続ける生命科学の知識や技術に触れながら、教員となるために必要な資質・能力を養っていきます。理科の「おもしろさ」「楽しさ」を自らが実感し、それを小学校・中学校・高校の学習者の実態を踏まえて、いきいきと伝え教えることができる理科教員を育成します。

ピックアップ/教職演習Ⅰ.Ⅱ
各分野の演習、模擬授業、理科教職実験などを通じて、実践的な知識や技能を確実に修得します。また現職の先生による講義や、実際の授業の参観なども実施し、教職への意識を高めるとともに、必要な資質・能力の総合的な伸長を図ります。

学部・大学院