新潟薬科大学

薬学部 研究室紹介

生薬学研究室

天然有機化合物の生合成研究

薬のおおもとは、自然界から生み出される植物、微生物等にあります。生薬学の研究の目的は、「自然界から薬を見出すこと、有効成分を同定すること、それらを医薬品として安定して供給すること」にあります。私たちの研究室では、生合成研究をベースに生薬有効成分の安定供給を目指した研究を行っています。


研究概要

多くの生薬の基原は植物です。生薬の有効成分には医薬品として有望な化合物がたくさんありますが、植物固有の生産性の低さのため、医薬品として利用するには供給の面で大きな課題があります。有機合成が難しい有用植物成分を微生物で大量生産することを、大きなテーマとしています。具体的には、「トリテルペン、及びフラボノイド生合成に関与する酵素をクローニングして、酵母、あるいは大腸菌で発現させ、微生物による植物成分の大量生産系の構築に関する研究」を行なっています。


教員紹介

渋谷 雅明(シブヤ マサアキ)
教授
学位:薬学博士

「無理せず、欲張らず、しかし、日々着々と為すべきことを行うこと」を信念としています。

学部・大学院